トップ 施主支給・リフォーム入門について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




施主支給・リフォーム入門施主支給とリフォーム > 施主支給は自己責任で

施主支給は自己責任で

施主支給は自己責任での画像

いろいろな意味で施主支給は自己責任が課題となります。
施主支給とは、施工を依頼している業者を通さず、施主が自分で建材や住宅設備機器等を購入して、工務店やハウスメーカーに支給することをいいますが、商品だけを支給する場合、施工を含め支給する場合とがあるようです。
施主が、建替えやリフォームをする際、必要な設備機器や建材を購入します。それを建築業者に渡して施工を依頼しましょう。

もし、建築業者が施主支給品を受付けない場合は、その理由を説明してもらいましょう。
施主支給を拒む理由として、商品に多くの利益を乗せている場合があります。たとえば半額の商品は、業者を通すと2割~3割という割引率になるようです。
正当な理由がない限り、施主支給を受付けない。ということはないのが普通です。

日本で建てられている住宅は、屋内の壁や床にもビニールクロスが使用されているのが一般的ですが、最近では、環境や家族の健康に配慮した自然素材の壁材を希望されるお客様が増えています。
その素材は、珪藻土、漆喰、無垢板など、どれもコスト的には高価なものが多いですが、このように、あなたが「良い」と決めた設備機器等を購入したら、施工業者に「これを使ってください。」と、渡します。

メーカー保証が特に必要ない物、たとえば、カーテン、インターフォン、照明、庭関係を施主支給にした人がいます。
それは、建築業者にプランを出してもらった後、これらと同様の品をネット検索してみたところ、金額に大きな差が出てしまったからです。
業者によって、対応は様々ではあっても、ネットから手に入れる方法で、ほぼ卸しは半額近く、実際の割引率などもをよく確認しましょう。
このように施主支給という方法を、住まいづくりに上手に取り入れることができれば、リフォームや建替えをする時、大幅なコストダウンが可能となりますね。

施主支給は、日本ではまだまだ普及していると言えませんが、欧米の住まいづくりでは、すでに当たり前のように取り入れられています。


スポンサードリンク
施主支給・リフォーム入門について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 施主支給とリフォーム | 施主支給と住宅 | 施主支給と工務店 | 施主支給のテクニック | 施主支給と施工 |
[都道府県別・施主支給業者] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ