トップ 施主支給・リフォーム入門について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




施主支給・リフォーム入門施主支給と施工 > 施主支給で確認すべきこと

施主支給で確認すべきこと

施主支給で確認すべきことの画像

施主支給が可能であるかどうか、必ず契約前に確認をするようにしましょう。
また、施主支給をする場合は、施主支給品の代金は、施主が支払うのですから、施工業者に払う代金とは別にお金を用意する必要があります。

家には、実に様々な部品、設備機器、材料が使われていますよね。
施主支給は、施主自身でその一部を購入し、工務店やビルダーの合意の上、その部品、設備機器、材料を持ち込んで業者に設置してもらいましょう。

施主支給とは、読んで字のごとく施主様が施工会社に材料自らが購入し支給することとなっています。

自分達で、照明、洗面化粧台、カーテンを揃えたという人のお話によると、少しでもコストを抑えたいと思ったからで、お気に入りを安く購入できたのでとても得したようです。
そのお客様は、壁の中の柱や梁といった木材を、自分で決めて、工務店やビルダーに、「この木材を使用し家を建ててほしい」と持込んだそうです。
これは、構造材の施主支給ですが、照明については、照明器具を販売しているショップ、ホームセンターで購入したり、ネットオークションで購入したりして集めたそうです。
カーテンは色、素材、サイズを考慮しながら、たくさんのショップに足を運びました。
洗面化粧台はホームセンターを何件かまわって、その中で一番気に入った商品を一番安く販売していた所で購入しました。

この結果、施主支給によって下げられたコストは、なんと50万円だという事です。
このように、施主が、納得した材料、信頼できる材料を使って、さらにコストダウンにつながるというのがメリットです。
ただ、コストダウンした分は、キッチンのグレードアップや、造り付けの、机や棚を作ったそうですが。

実は、施主支給という方法は、以前から存在していたということですが、要は、材料と工事を分離する材工分離の視点から生まれてきた言葉だと思うのです。
面倒な作業も多いのですが、安いのに越したことはないというのであれば、是非、施主支給を取り入れてください。

しかし、まだまだ施主支給の概念が浸透していない事も多く、支給する材料等によっては、施工業者に断られる場合もあります。


スポンサードリンク
施主支給・リフォーム入門について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。


[記事] 施主支給とリフォーム | 施主支給と住宅 | 施主支給と工務店 | 施主支給のテクニック | 施主支給と施工 |
[都道府県別・施主支給業者] 北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県新潟県長野県山梨県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県サイトマップ